東京イタリアン <アロマフレスカ>

3/19日、久々の東京です。今回は広尾にあります<アロマフレスカ>で
ディナーを頂くことにしました。

場所はちょっとわかりにくいかな?
それとも私達が田舎者なだけか?
電話で場所を確認して、タクシーで乗り付ける。

ビルの1Fとあったが、半地下の様な感じ。

グリーンでディスプレイされて
さわやかなエントランスです。

アラカルトにするか、コースにするか
悩んだんだけど、二人でアラカルトだと
いろいろ食べることが出来ないので
今回は取りあえずコースにしてみました。


まずは食前酒
フレッシュのいちごジュースで割った
シャンパンです

アルコールが嫌いな私でも飲めます
いちごの香りがあま〜く誘います。

かじきまぐろの
タリアータ

フレッシュ
トマトソース

ソースは
酸味が強い位なのに
魚と一緒に食べると
絶妙のバランス

私がワインもほとんど飲めないので
同行者はグラスワインを取りました

テーブルでボトルから
グラスへサービス


ボトルは
しばらく置いていってくれます。

焼きたらばとグレープフルーツの
サラダ仕立て

たらばの身がしまっていて
香ばしく焼けた蟹の香りが
食欲をそそります

イカのグリル香草ソース

火の通し加減が抜群!
外はカリッとしていて
中はやわらかい。絶妙。

渡りカニのスパッゲティ
インパクトに欠けていました。
蟹の味があまりしない

卵のタリアッテッレ
ウサギ肉(?)のソース
これもインパクトに欠けました。

本日のメイン
牛の赤ワイン煮込みポレンタ添え

隠し味はポレンタの下にゴルゴンゾーラが、、、。

とろけるような(実際とろけていましたが)肉が
じっくり煮込まれて甘さが出ています。
赤ワインのソースが実にまったりとしておいしい。

しかし、ポレンタ、チーズ、肉
どれもとろとろで、歯ごたえが無い。
なにかアクセントが欲しいなぁと思いました。

パンナコッタ
オレンジソース

まったりとしたパンナコッタが
オレンジソースで爽やかに

アーモンドのジェラート
エスプレッソかけ

濃厚なジェラートに苦味が効いて
大人の味です。

最後のクッキーがおいしかったです
入れ物もかわいくて
持って帰りたかった(^_^;)

総評:

全体的にやさしい味。でも少しインパクトに欠ける。サービスは一流。大変良く教育されたスタッフの心のこもったサービスは評価に値すると思う。
コースだと定番的なメニューに成りがちだが、アラカルトにすればかなり斬新なメニューもあるようだ。
ただし、アラカルトのひと皿のボリュームは結構ありそうなので、少人数ではいろいろな種類を食べにくい。
今回のコースで6000円。少しずつ食べるには適していると思う。
コースのメニューは数点の中から選択ができるが、コースの設定自体はひとつしかない。
もう少しバリエーションがあってもいいと思う。
パスタはどれもいまいちだったのは残念。パスタに迫力を求めるのはいけないことかしら??
気持ちよく食事が出来るのはありがたい。特別の日のディナーにいいと思う。