■ イタリア空港関連情報を集めてみました。

※マルペンサ空港編 

※フィウミチーノ空港編

※イタリア空港内でのキャッシング情報はこちらへ、、。

※Malpensa Express マルペンサ空港からミラノ北駅まで走る急行電車>

Malpensa Expressは、40分でMalpensa空港とミラノ(カドルナ駅)を接続します。
Nord駅からは毎時20分と50分、
マルペンサ空港からは毎時15分と45分出発です。
料金は片道15000リラ、子供8000リラです。
1日だけ有効の往復チケットもあり、こちらは20000リラです。
空港を7:15〜21:15の間の30分毎に出発。
途中でSaronnnoとBovisaの2駅に停車します。

空港からの乗り場は、レンタカー事務所などの集まっている地下1階。短い歩く歩道を通ると左手にチケット売り場があります。そこからさらに下に降りると、鉄道のプラットフォームに到着です。発着は30分おき。
ミラノ・ノード駅での乗換は、列車を降りて列車先頭方向に向かい、正面の駅舎を突っ切ると地下鉄入口、駅舎手前数十メートル右側にある(路地のような)出口を抜けたところがタクシー乗り場です。
Nord駅はスフォルツェスコ城の前、中央駅よりは中心地に近いですから、そこまでのアクセスも楽。カドルナの駅からの場合は、もともとミラノの郊外へ向かう駅なので、そこのホームで、30分に1本のマルペンサエクスプレスを待つ事になります。

(利用者の報告より)

 NORD駅前、駅構内は現在工事中。ホテルからタクシーでNORD駅へ行ったのですが、マルペンサの停まる1番線横のタクシー乗り場へつけてくれました。(1番線はスフォルツェスコ城から一番遠い側)私の乗ったマルペンサエクスプレスは3車両で全車両がエクスプレス。
2階建てでどこに座っても良く、下の階には荷物を置くスペースがありました。駅構内にはエクスプレスのオフィスがあり(駅正面に向かって左側)飛行機の便案内(搭乗時間とかゲートとか空港にあるのと同じ青いディスプレイ)や待合室もあります。 朝9時50分発に乗ったのですが、NORD駅のタクシー乗り場には結構な台数とまっていました。
ホームの柱に「←TAXI」とあるので(コピー用紙ですが)わかりやすいと思います。車内ではアリタリアスタッフが検札に来て、航空券を見せるだけでOK。何も言われないし、何ももらいませんでした。マルペンサ到着時の日本語アナウンスもない・・・・です。情報提供>しょうこさんTHANKS!!
 列車の時刻表が、ガラス張りの切符売り場の窓に貼ってありますので、そこで、発車時刻とホームの番号をみておきましょう。プラットホームはふたつで、もう1階降りたところにあるので、ホームを間違えるとまた上らなくてはなりません。タクシー乗り場はこのホームの途中(多分1両目と2両目の間くらいのところ)から、右に曲がって外に出たところにあります。そこだけ、塀がとぎれ、先の方に街の明かりが見えています。
タクシーは2台しかいなくて、他の乗客30人くらいと待つことになりました。
幸い列の前の方で、割り込みもなく、20分くらいで乗ることができましたが、後の方がどれくらい待ったかは不明。飛行機が遅れて、到着が遅くなった場合は、飛行場からタクシーの方がいいと思います。
恐くはないんですが、心細い感じ。そのこさんTHANKS!!
ちなみに、北駅から、中央駅近くのホテルまで、キャリーバッグ3個とチップ込みで、15,000リラでした。
今北駅は広場が全面工事中で、タクシー乗り場が移動しております。工事が終わったら、再び駅の広場のところに戻ると思います(いつ、終わるか今のところ不明)。情報提供>れいさまTHANKS!!

<Malpensa Expressについて要注意!!>
2000年5月某日にMalpensa空港に到着し、Malpensa Expressを利用してミラノ北駅まで行き、北駅の臨時タクシー乗り場で置き引きの被害に遭いました。手口はタクシー待ちの列の中でジャケットの背中にアイスクリームを付けられ、更に煙草の火を貸してくれと言われている間に道路に置いたアタッシュケースを置き引きされてしまった。以前から中央駅での置き引きは多かったが、ここ2−3ヶ月北駅での置き引きの被害報告が多く、ミラノに駐在する日本企業の間でも問題となっているとのこと。早速日本領事館へパスポートの再発給の申請に行ったところ、同じ日に中央駅で置き引きにあった日本人が手続きに来ていた。被害に遭っているのは、何度も海外出張している人も多いようで、かなりの数に登っているとのです。但し単なる置き引きで、武器を持っている事はまず無いとの現地イタリア人の話であった。よってMaolpensaから市内への交通は、多少タクシー代は高い(約12万リラ)が2−3人の旅行であればタクシーが安全と思います。
情報提供>匿名さまTHANKS!!

貴重な情報です。ミラノへお越しの方、特にマルペンサエキスプレス御利用の方は
要注意なさって下さい。

※マルペンサ空港でのトランジット時間がかなりある時。
聞きかじり情報
ミラノをトランジットで経由する場合に,5時間以上時間が有る場合、一時的にイタリアに入 国してしまっても特に問題ないようです。その場合は、トランジット用のゲートを通過してしまうと後へは戻れませんので,そのまま入国審査へ行きます。もちろん、搭乗時間に間に合う様に戻って来なければいけない事はいうまでもありません。
※マルペンサ空港でのTAX FREE&ショッピング
聞きかじり情報
出国手続きを済ませるとすぐ横にTAX FREEと書かれた張り紙があります。6つくらいに分かれた小部屋の1室で係員の方に書類を見せます。手続きが終わっら、TAX FREEの小部屋を出て左に曲がってずーっと行ったつきあたりにカウンターがあり、そこで封筒を渡します。その時、封筒は開けたままの方か良かったみたいです。(現在はポストが出来ているかも知れません)
 DFSはそれほど広くはないのですが、いわゆるお酒などの嗜好品類、お菓子、パスタや乾燥ポルチーニなどのPECKもの、化粧品、などが売っているほかにグッチやブルーノ・マリ、フェラガモなどの専門店も脇にあったようです。ワイン好きの方には、DFS脇のBARにはPECKのカウンターもありまして、ケーキやちょっとしたお総菜もあります。しかも数種類のグラスワインがあり1杯500〜600円程度でバローロやドルチェット・ダルバなどのグラスワインが楽しめます。
追加情報 さよぴさん>THANKS!
税関スタンプをもらえる場所は、2F、航空会社カウンターなどを正面に見て1番左奥にあります。おじさんが1人だけいました。行ってみるとチェックインしてから来るように言われ、免税品もチェックされませんでした。
また、そのカウンターの横に日本語で”免税品を機内持ち込みする場合は出国手続きの後にある税関で・・”などと書いてあったのですが、出国手続きの後に通る税関には誰もいませんでした。いずれの場合も出国手続きの前にスタンプをもらった方が良いかと思います。また、EU諸国をトランジットする場合は最後の国で、と書いてあるガイドブックがいくつかありますが、乗り継ぎでもミラノでスタンプはもらえたので、早めに済ませた方が良いかと思います。私達の場合、ミラノ発の飛行機が遅れて次の飛行機までの時間が全然なくなってしまい、経由地で手続き
しようとしていた人はできないまま乗らざるを得なくなってしまいました。

※レオナルド Express フィウミチーノ空港からテルミニ駅まで走る直行電車>

32分で空港とテルミニ駅を結ぶ空港直行列車。車体は最新モデルになりました。
各駅停車は、地下鉄A/B線にも直結できるようになり、より便利になったそうです。

◇レオナルド・エクスプレスLeonardo Express
 フィウミチーノ空港発:毎時7分と37分発
 テルミニ駅発:毎時21分と51分発
 運行時間 朝6時から夜9時ごろまで
 料金 Lit.1万6000
◇各駅停車MetropolitanaFM1
 フィウミチーノ空港発:毎時12分・27分・42分・57分発
 ティブルティーナTiburtina発:毎時6分・21分・36分・51分発
 運行時間 朝6時から夜9時ごろまで
 料金 Lit.8000

※フィウミチーノ空港でのTAX FREE&ショッピング
TAX FREE
各航空会社のチェックイン手続きをしていると、「TAX FREEをするか?」と聞かれますので、『イエス』と答えると、機内預けのスーツケースを一旦返してくれます。それを持って、出国審査窓口の向って左側、大韓航空のカウンター近くに(他にもあるかもしれませんが)免税書類スタンプ窓口があります。かなり待たされますので、早めに行動しましょう。(もし時間がないようなら、中でも手続きが出来たと思います。C15ターミナルあたりです。その場合は手荷物にして持ち込まなければなりません。)貴金属や、高級時計等は必ずといっていいほど見せろと言われますので、出し易くしておくといいでしょう。スタンプをもらえたら、もう一度さっきのチェックインカウンターに戻って、荷物を預けます。スタンプを貰った書類はそこからポストに投函!または出国審査後、C15ターミナルあたりで現金の払い戻しも可能です。ただしリラかドルです。現金払い戻しの窓口は、TAXFREEの会社ごとに分かれていますので、書類のデザインやマークを目印に探しましょう。
免税店ショッピング その他
出国審査を終えて出てくると、すぐに免税店が眼に入ります。かなりたくさんのショップがあるので、目移りするでしょう。食品も、アルコールもなん店舗かに分かれています。ブランドショップもあります。
また、新しいターミナル(モノレールで移動する)にも、ブルーノマリやカルティエなどのブランド物から、いわゆるお土産、化粧品までいろいろ売っています。こっちは人が少ないのでゆっくりとショッピングが出来ます。とにかく、ショッピング時間も含めて、出発当日は出発時間の3時間前には空港に入りたいですね?
ちなみに、私の場合は、免税手続きで約1時間またされました。(#-_-)