= 青の洞窟とことん情報!!=

★情報その1★
青の洞窟は午前中がいちばんきれい!!
日光の光線の関係で、午前中が一番きれいだそうです。(特に10:00〜12:00)
青の洞くつが青いのは、太陽光線が海水のなかを屈折して、洞くつの中に入り込みます。
従って午前中の方が光線の角度が低いので、屈折しやすく、洞くつの中に侵入しやすいということです。
夕方は光線の方角が逆になるので、入り込み光線の量が少ないということです。
★情報その2★
青の洞窟はよく閉鎖されている!!
洞くつの入口が狭いため、満潮や、波が高い時は、閉鎖されています。
見れたひとは、ラッキーでしょう。日本人の様に日程的に時間がない場合は特に!
それでも、1時間だけ開くとかいうこともあります。
時間があれば観光しながら、気長に待ちましょう。
★情報その3★
青の洞窟こと『GROTTA AZZURRA』へ行くには、2つの方法があります
マリーナグランデ『MARINA GRANDE』の港から、専用観光船で行く方法と、
地上から、
『ANACAPRI』を経由して、バスで、洞窟の真上まで行く方法です。
★情報その4★ <情報提供つ〜じ〜さん
日本人と見ると、チップを多めに要求してくる場合がある

大船から小船に乗るときに日本人だけまとめてるみたいです。で、「チップ10000リラ ネ」と
要求してくる見たいですね?(以前はそうじゃなかったけど)
小船から、元の船に乗りかえるときにチップを要求してきたそうです。

<以下つ〜じ〜さんの報告より>

最初の時は二人で乗せてもらったし・・こんなものかな?と思ってしまったので、素直に払いましたが・・と、いっても二人で10000リラ、向こうは一人10000リラもらえると思ってた。チップは元の船に乗りこんでから渡した方がいいですね。2回目はそうしました!1000リラを! まぁ、チップは感謝の意味なんで、今回は2000でもいいかな?と思いましたが、乗り合わせた女の子が違う船の外人さんにチップの額を聞いたところみんな1000リラだそうなので、心を鬼にして1000にしました。(せこいだけやん)でも、やっぱあげすぎはだめですよねー今後の日本の方の事もありますし・・・
チップ要求されると、せっかく楽しい気分がふっとびますねー。2回目の時、朝一番でみたのですが、1回目の11時頃の方が断然よかったです。朝一はちょっとブルーが少なかったですね・

<以下PBG3さんの報告より>

青の船頭さんにはいい人と悪い人がいる!パバロッティみたいな巨デブでひげをはやした船頭はチップを強要するし、のしかかってくるし、汗くさいし、定員オーバーなのに乗せるし、こいつはダメ。青の洞窟に入る前に、チップを含めて金を要求してきます。こいつに当たったらあきらめてチップ込みで一人あたり20000は覚悟しましょう。逆らうと青の洞窟に入ってから時間が短めだったりする。中にはいい人もいて、その人はチップをくれ、と言ってはきますが、チップはあくまでも最後。青は洞窟入場料、乗船券、など細かく分かれていますが、その都度お釣りをくれ、最後にチップ、という良心的な人です。こういう人には逆にチップをはずんであげたい。でも順番なので、良い船頭、悪い船頭をこっちで指定するのは無理なんですけどね。

★情報その5★
ローマからの日帰り!出来ます!

<以下やっぴいさんの報告より>

テルミニ駅7:10発のESでナポリへ行き、9:50ベベレッロ港発の水中翼船に乗りました。マリーナグランデからフニクラーレに乗り、そこからタクシーでいっきに洞窟まで行きました。ちなみにお天気は快晴!!陸からの待ち人数は5人くらいで11:30頃、洞窟に入場。入り口が本当に狭いので、びっくりしました。ワタシがみた青は、写真とかでみるより一段明るめの絵の具にあるような「ビリジアンブルー」に光っていました。それはそれは、神秘的な世界!ワタシたちの小船の仙頭さんがカンツォーネを唄ってくれ、気分も超盛り上がりました。

<以下PBG3さんの報告より>

ただし、混んでいる時期だと、メルジェリーナからの高速船が遅れます。8月に2回カプリに行きましたが、ベベレッロからの船はちゃんと定刻に出ているようなのに、メルジェリーナからのは30分は遅れました。メルジェリーナからローマ行きのESに乗ることができるので便利ですが、電車の時間などとタイトなスケジューリングをするのはやめましょう。

いろいろな方から頂いた報告(貴重な情報を感謝!!)

みーちゃんさんの報告より>
6月の初めにローマから日帰りで青の洞窟に行ってきました。時期がよかったのでバッチリ。思った以上にきれいでした!!
テルミニ駅発8:10ICでナポリ駅へ、タクシーでベベレッロ港まで(L15,000)行きフェリーでマリーナグランデへ入りました。
青の洞窟へは専用観光船を選択。観光シーズンだからなのか20人程度集まると時間に関係なくボートは出発しました。(1人L10,000)途中、船頭のおじさんが面白い形の洞窟の紹介やサンゴがある岸壁に近づいたりと観光案内もしてくれました。小船+洞窟入場料はL15,500。こちらの船頭さんは気が小さいのか洞窟に入る前に「チップは降りる時にくれれば良いから・・」と。外人の女の子と一緒のボートだったのですが、彼女もL1,000渡していました。(相場かな)
マリーナグランデに戻ってからミニバスに乗りカプリタウンへ行きました。(L2,400片道)アナカプリ行きのバスと並んで停車していましたがすぐに分かりました。
カプリタウンで是非行っていただきたいのがサンダル屋さん。”da COSTANZO”コスタンツォおじさん手作りサンダルのお店です。バカンスに来るマダム達が島で過ごすために買いにくるとか。おじさんは1951年にソフィア ローレンとクラーク ゲーブルが主演する映画に靴屋としても出てるってお店のカードにも載せてました。素足にぴったりの1足をその場で作ってくれます。革紐の色も色々選べます。
色違いを2足GET!ぶらぶらした後、ミニバスでマリーナグランデへ。
行きに帰りのフェリーのタイムテーブルをチェックしていましたが、そこはイタリア。違ってました。危ない危ない・・
洞窟に行って、のんびり買い物もできて、21:00にはテルミニに着いていました。十分日帰り可能。堪能しました。しかし、行きのナポリ駅から港までのタクシーの運転手さんにナポリに留まらないなんて信じられないと言われちゃいましたが。。。
ローマのホテルから出ている日帰りバスツアーはL250,000していました。ソレントへも行くようですが、お土産屋に寄るためだと以前行ったことがある人が教えてくれました。

ジュリアさんの報告より>
私達(夫と私)は、アマルフィ半島ドライブの途中4月30日にソレントからカプリに渡るつもりでした。午前10時頃ソレントのフェリー乗場に着くと、切符売場は黒山の人だかりで、カプリ行きの切符も午後2時まで売切れでした。4月25日の開放記念日、28,29の週末そして5月1日のメーデーと続く休日の谷間で観光客が多く、天気も良かったので平日とは思えない人出でした。その日はカプリ行きをあきらめ、空いていて天気の良さそうな5月2日にメルジェリーナから10:10発の高速船に乗りました。切符は前日に購入しました。

教訓1−平日でもシーズン中は混む時がある。出来れば切符は早めに購入

カプリでは洞窟の前で30−40分待ち、12時頃洞窟に入りました。水の色は写真やTVで見た最高の色とは言えませんでしたが、かなりきれいな色で満足しています。ただ、お天気が良く暑く陽射しも強かったのに、船に日除けがありませんでした。帽子、サングラス、日焼止クリームを持っていったのは正解です。

教訓2-日焼け対策の準備は必要!

さて、チップですが船頭さんは「満足したら後で一人10,000リラ払ってくれ。」と最初に言いました。私達は小さな紙幣が残り少なかったのと、入場料+ボート代で15,500リラのところへ10,000リラのチップはやはりおかしい!と感じたので一人2,000リラづつの4,000リラ払ったところ、船頭さんは不機嫌そうでした。同じ船に乗ったアメリカ人らしい女の子達は10,000リラ払っていました。

教訓3-あくどくない船頭さんにあたる事をお祈りする?

ゆこりんさんの報告より>旅行期間2000.7.15〜7.23
カプリ島へ
ベベレッロからLINEA JETにて 17000L (+スーツケース2000L)
定刻どおりでした。

青の洞窟
ナポリから着いてすぐ、港でカプリ島宿泊者専用ポーターにスーツケースを預けて
専用船でアクセス=9000L+1000L(1000はアップ料金かな?)
洞窟入場料は7500L。計:16500L
チップは確か・・・初め2000Lぐらいしか渡さなかったらしつこくせびられ、あと5000Lほど払いました。
船の乗り換えは結構待ちましたが、陸路で来られた方も階段でかなり待たされてました。帰り道、ナポリから同じ船だった方がまだまだ上のほうで並んでました。
私の場合、ナポリ8:30ぐらい発の船でナポリ入りして・・・結局ベストな10:00過ぎに洞窟の中に入ることができました。
で、洞窟を見てからアナカプリ見物へと、とても効率的でした。

ソラーロ山
ロープウエー(9500L)で登ったのですが、登っていきながらの景色は最高!山頂からの景色も最高でした。真っ青な海で、本当にきれい!!尚、ロープウエーに乗ってるときに写真を撮るなら下りではなく、登りで撮らないとダメ。
下りだと、写真にロープウエーのロープやら鉄柱やらが入ってしまいます。

La Rondinella(レストラン)
昨年の出発直前に発売の雑誌:MARIE CRAIL(FIGAROだったかも)に掲載されてたアナカプリのレストラン。いわしのパスタが絶品!でした。メニューには書かれたなかったんだけど、記事を見せたら作ってもらえました。
サン・ミケーレ教会を抜けてPiazza A.Diazを超えたあたりでした。

カプリ資料:カプリ・オンライン(www.capri.it)からダウンロードしたカプリ島の地図。これは重宝、必携です。店・レストラン・ホテルはほとんど載ってます。

=それでは実際に青の洞窟へ行くには?!=

★まずカプリ島に渡る★
ナポリからは2つの港から船が出ています。

mergellinaとBeverelloという2つの港から船がでています。船の時刻表はここを御覧下さい。シーズンによって時間が変わったり、天候によっても左右されますので、出来るだけ余裕を持ったスケジュールを立てましょう。※今年からSNAV社はBeverelloからも運航しています。

事前に船の情報を集めるなら、下記も参考にしてください。(日本語ではありません)

http://www.snavali.com
http://caremar.gestelnet.it
http://www.thenet.it/snav/aliscafi/eng.htm


★そして青の洞窟へ★
★方法その1★
マリーナグランデ『MARINA GRANDE』の港から、専用観光船で行く

『MARINA GRANDE』の港から、専用観光船で行く場合、まず、マリーナグランデのチケット売り場で『GROTTA AZZURRA』行きのチケットを購入します。(L.8.000)
大きな船で洞くつの近くまでいき、そこで小舟に乗り換えるのですが、しばらく閉鎖されていた後などは、小舟に乗り換えるのに
結構またされるので、船酔いの薬は持って行った方が良いでしょう。大きな船でも結構揺れますし、乗り換える時もスリリング(^_^;)
私なんかは、小舟に乗り換える頃には、気分が悪くなって、、、、。

そうそう、船を乗り移るのに大股開きになるのでタイトスカートは止めた方が無難です。
ここで、小舟に乗り換えてから、入場料と、小舟代を支払います。
洞窟に入るためのお金と小舟のお金あわせて15500Lit 休日は +700Litです。
注)ハイシーズンはすべて休日料金の可能性あり。
そして必ずチップも要求してきますので、実質一人当りL.18,000〜19,000になります。おつりなんてありませんから、必ずL.1,000単位の小額紙幣準備しましょう。

★方法その2★
地上から、『ANACAPRI』を経由して、バスで、洞窟の真上まで行く

ナポリから、日帰り等で観光に来て時間がない場合は別ですが、時間に余裕があるなら、観光も兼ねて地上からいくことをお勧めします。

まず、カプリシティにはいります。港からすぐの所に有る、トロッコ電車で山に登る気分で(笑)チケットはカプリまでの片道、往復、次にアナカプリまでの片道、往復、コンビチケットと種類が有り、「マリーナグランデ〜カプリ〜アナカプリのフニクラーレ&バス往復」のコンビニチケット代は7200Litだそうです。単に便利なだけで値引きは無いそうですが、、。この窓口は当然お釣りも豊富ですから、ここで大銭を小銭化しておいて下さい。(あとで必要)かなり並ばないといけないので、船から下りたら港の<i>なんぞには目もくれず、まずはフニクラーレに並んで、チケットをゲットして下さい。フニクラーレもバスも「一応」時刻表上は15〜20分 間隔で運行しています。
4/17チケット代更新>ちびあきさん感謝

<以下PBG3さんの報告より>

カプリのバスそのほかの料金について。青の洞窟行きのバスも含めて全部1700LItで統一されてます。つまりマリーナグランデからアナカプリまで、フニコラーレとバスを使って往復すると総額で6400Litですが、マリーナグランデのフニコラーレ乗り場でかえるコンビチケットは、全くこの値段です。だから値引きはありません。このコンビチケットは、購入日の夜10:00までしか使えないので、カプリに宿泊される場合は使わない方が無難です。改札の時そんなにチェックしてないから仮に間違えて買っても大丈夫だとは思うけど。

フニクラーレ(トロッコ電車)で登り切ったところがカプリタウン
青いテント屋根のあるところが、フニクラーレの駅。
カプリタウンの一番大きな広場入り口
町の中には車が入れませんので、ここから右に降りた所にバス停やタクシ−乗り場がある。ちなみに、ここから一気にタクシーでグロッタアズーラに向った場合は、約L50.000。かかるそうです。
THANKS!情報提供>やっぴいさん

カプリのタクシーはオープンカータイプ

でも、テントの屋根がついているので、日射しはよけられる。
最近、小形のタクシーも増えて来たもよう。
タクシーは港や、広場などで客待ちしている。

カプリタウン中心部

トロッコ電車のりばから、おみやげものやさんをみながら、
少し道を下がったところにバス乗り場があります。
(ひとつしかありませんから、安心して)
そこから、
『ANACAPRI』行きに乗り込んでください。

カプリ-アナカプリ間のバスは
夜中の1:00過ぎまで。朝は6:00頃から

アナカプリのヴィットリオ広場。かなりの人が降りるのですぐ判る。

アナカプリ広場の向側、右に行くとショップやレストランがる。
サン・ミケーレ教会へはこちらへ

洞窟行きバス停の最新報告 <8/31 PBG3さんよりTHANKS!!>

青の洞窟行きのバス停の場所ですが、ヴィットリオ広場にカプリからのバスが到着します。

ここで降りずに、ちょっと(10秒ぐらい)乗っているとバスのたまり場があります。ここが洞窟行きのバス停です。

このたまり場には本来カプリ-アナカプリ間のバスのバス停は設置されていませんが、青の洞窟行きのバス停でおりたいと運転手さんに言えばおろしてくれます。言わないとおろしてくれません。

もしヴィットリオ広場で降りた場合には、バスが走る道(車が走れる道で、おみやげやさんなどはない)をそのままバスと同じ方向に進みますと、歩いても5分以内で到着します。仮に間違えてサン・ミケーレ教会の方向のお店が沢山ある道に入ってしまった場合にでも、つきあたりまでずんずん進んでいくと、「青行きのバス停はこっち」っていう例の焼き物のかわいい看板がでますので大丈夫です。(ただしこの場合にはアナカプリをぐるっと1周することになるので無駄ではありますが、アナカプリ観光をしてから青、という場合にはお薦め。でも青には午前中に入りたい!)

ちなみにアナカプリからの帰りも、ヴィットリオ広場から乗ると激こみなので、ここから乗るとグー。バスのたまり場のはずれ、観光案内板と公衆電話がある場所です。人が待っていないこともありますが、「CAPRI」とバスの正面に表示があるオレンジのバスが来たら手を挙げば停まります。バスのたまり場にいる係のおっちゃんに聞くと、ここがバス停である由、教えてくれます。

それから地球に書いてある、青の洞窟行きのバスは1時間に一本、というのは冬の話だと思います。夏はバンバン走ってますから大丈夫。すくなくとも15分に1本はでます。カプリ-アナカプリ間も、時刻表にはなくてもお客がたくさんいると、がしがし臨時を出してくれます。

アナカプリからのバスの運賃は1700Litでキップは車内で購入です。
バスの運行時間は15分ごととなってますが適当らしいです。
さて、バスを乗り換えたなら(乗り換える時
『ペルグロッタアズーラ?』と誰かに聞いて確認してくださいね?)
そこから15分ぐらいです。終点ですから、まちがえることはありません。または、アナカプリの中央広場から、タクシーでもいいです。1000円ぐらいです。すると、青の洞窟の真上にきますから、そこから崖をつたって降りる階段があります。

そこを降りていけば、洞窟のすぐ目の前の、小舟乗り場になります。(右下写真参照)

階段の途中には、バールもあって、
時間まちでもへっちゃらです。
日本語のしゃべれるおっちゃんもいて、
黒猫のタンゴを歌ってくれます。(笑)
のんびり海でもながめて、

リゾートを満喫しましょう!!

青の洞窟へ入るための船賃は、洞窟に入るためのお金と小舟のお金あわせて15500Lit 休日は +700Litです。
注)ハイシーズンはすべて休日料金の可能性あり。

こちらは洞窟に入るまでの待ち時間『ゼロ』で
注)ハイシーズンは待ち時間あり

ただし、必ずチップも要求してきますので、実質一人当りL.18,000〜19,000になります。

おつりなんてありませんから、
必ずL.1,000単位の小額紙幣準備しましょう。

左の写真、小舟が入って行こうとしている所が青の洞窟。
早朝、船のいない時間帯なら、ここから泳いで洞窟内にはいれるという情報有り。ただし、船が出る前の午前9時まで。
情報提供>THANKS!隊長さん!

それでも、波が収まらなくて、洞窟がOPENしないときは、しょうがありません。
おいしいシーフードでも食べて、待ちましょう!!

さっきの崖を降りてくる途中に、左にいく道があったはずです。
あそこが、
『Ristrante Add'o Ricco』です。
魚料理専門のイタリア料理屋さん。客席はすべてオープンテラス、
紺碧の海を眺めながら、美味しい料理を食べましょう!!

(但し、11月〜4月まではクローズです。)

忘れずに食べてほしいのが、『リングネ・アラ・フルッテ・ディ・マーレ』
新鮮な海の幸のリングイネパスタです。
にんにくと唐辛子のシーフードたっぷりの本当においしいパスタです。
ここで食事をしていれば、時間待ちなんてへ〜〜ちゃら!!(笑)

いや、時間がたつのを忘れるくらいです。
あとは、海が静まってくれるのを祈るだけ!!
あなたの日頃の行いだけが物をいうのです(笑)

青の洞窟周辺の全体的な位置関係は、
右の写真で理解してください。

A が、バス停。B が、レストラン。
C が、洞窟上のバールです。
そして
D が、洞窟の入り口。

それでは、みなさん!

『マンジャーレ、グァルダーレ、ジョカーレ!!』