<現地人が案内する!台北!!>


またまた行って来ました!!

今回は台北にお住まいの方に案内していただきました。

写真ばかりですっごい重いです。m(_ _)m


今回も利用したのはキャセイホリデーの台北パッケージツアー!パッケージといっても、エア&ホテル(朝食付き)と、空港への送迎がセットになっただけのフリーなタイプで、今回もホテルはハワードプラザを選択しました。キャセイのフライトは、大阪発11:40で台北には13:50に着きます。入国審査が終わって、送迎バスに乗ってホテルに着くのは、おおよそ15:00ごろです。(送迎バスの順路にもよりますが、、。)

キャセイの機内食

台北はちょうど梅雨明け時期で、大雨に祟られました。といっても雨はかならず夕方から降り始めるので、それまではうす曇り、または晴れていて、観光にはあまり差し支えませんでした。初日は雨の中アウトレットを探し求めて、ガイドブックにある住所を捜しまわったので、結構濡れてしまいましたが、、、、。結局、そのお店はつぶれていて、見つける事はできませんでした。台北ではよくあること、、らしいのですが、、、。

雨をさける為に入った喫茶店では、台北ならでは、、という飲み物をいただきましたよ。ひとつは『麦芽珈琲』これは麦芽から作った珈琲で少し香ばしくほんのり甘い珈琲でした。驚いたのは珈琲のなかに『タピオカ』みたいな黒いお団子のような物が入っている事です。味はほとんどしませんが、プニプニとした感触がおもしろいです。店内が暗かったので写真が汚いですがお許し下さい。その他にも『葡萄緑茶』や『新鮮水果茶』など面白いメニューがいっぱいです。前者は葡萄ジュースを入れたお茶と言う感じで、後者は紅茶の中に、いろいろなフルーツと果汁をいれた感じのものでした。どちらも少し甘目です。

ここは、夕食に訪れた海鮮料理屋さんです。店の前に有る水槽で自分の食べたい物を選んで調理法を指定します。これは個人ではちょっとむずかしいですね?(^_^;)

タッパーに入っている正体不明の物は、鳥や、ブタの内蔵です。水槽以外にも、お魚やさんの様に切り身のお魚やちょっとした野菜も置いています。

それでは、私達(6人)の食べたメニューです。まず、突き出しはお店の人が勝手に置いて行きます。しかし、入らない物は返してしまわないと、ちゃっかり料金に入っていますので気を付けましょう。左は、きゅうりのあえ物と、ダイコンのピリカラ、豆腐の堅上げです。どれもあっさりとしていて、箸休めにちょうどよかったですよ。

左が鳥のたまたまの茹でた物です。山椒塩でいただきます。中がとろっとして白子の様。右はあさりのオイスターソース。

左が、竹の子の茹でたサラダ、甘目のマヨネーズで頂きます。何気ないのですが、クセになる味でした。右は白身の小魚のフリッターですが、外がカリッ!としていて中がふんわり!下味も付いている様なのでこのまま食べます。これもクセになる味(^_^;)

左が、青菜のオイスターソース炒め、右は焼そば。焼そばが料理の前半に出て来てビックリ(^_^;)日本だったら考えられない。

左がつぶ貝、日本で言うとバイ貝みたいな感じでした。右は蟹のせいろ蒸し。豪快に2匹。全員しばし無言、、、、、、。

左が石班魚の姿蒸し。日本ならこれ一品で2万近いお値段ヽ(^^ゞ 左は、ロブスター串焼き。串を持ってひっぱると、身がいっしょにポロッとはずれる。あとは豪快にかぶりつき!!

最後に先ほどの蟹のあらで、台湾風おみそ汁。日本のおみそ汁には似ているけれど違うもの。でも、おいしかったです(*^o^*)さてさて、これだけ食べて、いくらだったでしょう??

答え 一人6000円なり(^_^;)もちろんビールやお酒込みね!!う〜〜ん!!食い倒れなり。

これだけ食べても、翌日にはまたお腹がすくのでした。(^_^;) 昨日遅かったので、今日は朝寝坊。まだボーッとしているけれで、とりあえず『鼎泰豊』へ。(AM11:00頃です)私は2度目なのですが、他の3人は初めて!ガイドにを名乗り出てくれた『李さん』とそのお友達で、運転手をかってでてくれた『王さん』の6人で、まずは腹ごしらえ。

写真でみるとあまり差が判らないと思いますが、左の一番上が海老入りシュウマイその下が酢辛スープとふかひれ餃子、右上が蟹入り小籠包。左が普通の小籠包です。

どれもこれも最高!!やっぱりおいしいです!